就農にいがた・スタートナビは、皆さまと「就農に必要な経営資産との出会いの場」を提供します。

就農新潟スタートナビ
検索対象: お知らせ / 農地 / 研修農家

就農新潟スタートナビ

先輩就農者を紹介します③「『佐渡らしさ』を伝えられる農業を目指して」神蔵治人さん(佐渡市)

〇神蔵治人(かんぞうはるひと)さんプロフィール

 ・1987年(昭和62年)生まれ(兼業農家・佐渡市)
 ・東京の大学を卒業後、都内の飲食店で働いていたが、平成28年に佐渡にUターン就農
 ・水稲:5.4ha(冬期は地元漁協で牡蠣の養殖に係るアルバイト)

―就農までの経緯を教えてください。

 都内飲食店に勤務していた頃から、佐渡に帰ることを考えて、就職先を探していました。このとき、東京で開催されていた「新・農業人フェア」に参加したことがきっかけで、農業法人の面接や現地研修を受ける中で「就農」する意思が固まり、実家の農業を継ごうとUターン就農をしました。
 就農間もない頃から、関係機関の方から声をかけてもらい、稲作講座や若い農業者のサークル(4Hクラブ)に参加し、栽培技術を学んだり同じ農業を営む方との仲間づくりをしてきました。
 今では、私に「田んぼを借りてほしい」との依頼が寄せられるようになっています。

―これから就農する人へメッセージをお願いします。

 最初は、農業は1人で自由に経営が出来ることが良いと思っていました。
 しかし、稲作は1年で1作しか作付けすることが出来ませんので、みずからが行動をおこして、できるだけ多くの人から、いろいろな経験や栽培方法を聞くことが重要であると今は考えています。
 また、農業は儲からないとのイメージがありますが、私は農業経営を自ら分析して、経営規模に見合った資本装備を整えることで「稼げる」ことが可能な職業だと思っています。
 関係機関や地域の農業者等周りからのサポートがありますので、若い方からも是非農業を職業の選択肢に入れてもらいたいと思っています。 

―将来、どのような農業を展開していきたいですか。

 「佐渡らしさ」を伝えられる農業を目指したいと思っています。
 私は、地域の未利用資源である「牡蠣の殻」を水田に利用する栽培方法を研究していますが、この他にも海藻を利用している方もいます。佐渡の資源・地理的特徴等を上手に活かした取組により、将来は佐渡米のブランド力向上につなげていきたいと思っています。

【佐渡市就農関連情報】

 ・就農情報(佐渡市、おけさ柿)
 ・就農情報(佐渡市、水稲、果樹、和牛繁殖)
 ・就農情報(佐渡市、おけさ柿)
 ・経営イメージ(おけさ柿+アスパラガス、単身)
 ・経営イメージ(おけさ柿+アスパラガス、夫婦)

  • 新規就農相談センター
  • にいがた暮らし
  • 新潟県農業会議
  • JAグループ新潟
  • ときいろネット
  • 新潟県農林水産部Facebook
  • 新潟雇用労働相談センター
  • 見える化
  • 農地集積バンク