就農にいがた・スタートナビは、皆さまと「就農に必要な経営資産との出会いの場」を提供します。

就農新潟スタートナビ

就農新潟スタートナビ

2017.7.13 就農について知る農業機械について

農業に必要な機械は、栽培する農作物によって異なります。

水稲と果物を例にすると、水稲では、土を耕すための「トラクター」、苗を植えるための「田植機」、収穫するための「コンバイン」等が必要であり、果物では、病害虫を防除するための農薬散布機「スピードスプレイヤー」が必要になります。これら農業機械を全て購入するには多額の資金が必要となります。

新しく農業を始める場合、知識や経験が身につくまでの数年間は、思うように収穫量が確保が出来なかったり、病害虫の被害を予想出来ず被害を受けたりと、経営が不安定になりやすいため、農業を始める時の経費(初期投資)は出来るだけ安くおさえたいものです。

購入する農業機械は中古のものを選んだり、レンタル機械を利用するなど工夫してみましょう。本サイトでは、農地と併せて「継承可能な農業機械」の情報が掲載されていますので、こちらも是非御利用ください。

なお、農業機械は購入した後にも、維持費がかかってきます。メンテナンスや簡単な修繕を自らできるようになると、毎年の経費を抑えていくことができます。農業大学校では、簡単な農業機械の整備が学べる研修もあります。こういった機会も積極的に活用していきましょう。

農業機械について

【参考:経営内容別の資本装備】
農業経営基盤の強化の促進に関する基本方針 平成26年6月 新潟県(p.8~18)http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Article/151/429/keieikiban.pdf

【参考:各種研修の案内】
新潟県農業大学校研修センターHP
http://www.pref.niigata.lg.jp/nogyodai/1343599229862.html

【参考:助成・融資制度】
http://www.pref.niigata.lg.jp/keieifukyu/1221501761946.html

・機械・施設を整備する場合の補助(新潟県農林水産業総合振興事業)
・無利子資金制度(青年等就農資金・新規参入安定資金) 

  • 新規就農相談センター
  • にいがた暮らし
  • 新潟県農業会議
  • JAグループ新潟
  • ときいろネット
  • 新潟県農林水産部Facebook