就農にいがた・スタートナビは、皆さまと「就農に必要な経営資産との出会いの場」を提供します。

就農新潟スタートナビ

就農新潟スタートナビ

佐渡島、丸山の「活きる農業」 ~本気で農業を始めませんか~

エリア
佐渡
住所
佐渡市 佐渡市(丸山集落:旧畑野地区内)
資産種別
畑, 果樹園
農地面積
要相談
農地の契約
賃貸借
機械・作業小屋等の有無
住居サポートの有無
連絡先
公益財団法人新潟県農林公社 青年農業者等育成センター
〒950-0965
新潟市中央区新光町15-2
電話 025-281-3480

日本海に浮かぶ美しく自然豊な佐渡島。丸山地域は、「おけさ柿」と「お米」の栽培が中心の集落です。高齢化により荒廃する農地や園地が増加傾向にありますが、私は生まれ育ったこの土地を守るため日々奮闘しています。柿園地や棚田から見える「青い空」「青い海」、「澄んだ空気」をいっぱい吸い込んで、一緒に本気の農業をしませんか。

所有者からのメッセージ

○まずは農作業体験を通じて、佐渡の地域性なども含めて佐渡を知って欲しいです。また、自分が本当に農業にあっているのか、やっていけるのか考えることが必要だと思います。佐渡に移住し、農業で生活をするという意志が固まったら、長期研修を受けていただきたいです。
○農業で生計をたてる覚悟のある方、農業で家族を養う覚悟のある方、地域での活動を大切に出来る方をお待ちしています。
○家族の理解、2年間程度の生活資金、開業資金を準備ください。
○農村社会で暮らすためには、地域の暮らしや伝統行事、地域の人とのつきあい無くしては地域からの理解や応援は得られません。
○まずは、短期研修に来てみてください!!
○facebook:佐渡ケ島・丸山地区の農業発信ページ
 https://www.facebook.com/farming.sado.maruyama

資産の説明
丸山集落内の冨井ファーム(時期により「farmerおおば」での作業もあり)での長期研修終了後、集落内に就農いただく方には、園地の確保について順次相談に応じます。また、長期研修の際の住居の確保についても、集落内の空き家情報などの提供を行います。
機械・作業小屋等の説明
就農時の初期投資を抑えるため、農業経営が軌道に乗るまでの間、「farmerおおば」「冨井ファーム」の所有する農業機械の賃借について相談に応じます。また、中古の機械などを希望する場合は、JAに情報提供を依頼すると随時情報を得ることができます。
営農サポートの説明
丸山集落に就農していただける方の受入を行います。
就農に関する市町村サポートの説明
◆移住や定住支援策として、「佐渡暮らし体験住宅」「空き家情報システム制度」「空き家現地視察に関する旅費補助」「若者定住家賃補助」「空き家改修費など補助」などの施策があります。詳細については、下記の問合せ先にご連絡ください。
【お問合せ先】
 佐渡市役所産業観光部地域振興課 
 TEL:0259-63-4152
 E-mail:ki-kikaku@city.sado.niigata.jp 
 ※佐渡市移住定住支援情報HPを確認ください。
◆就農者への支援策として、国の農業次世代人材投資事業「準備型」「開始型」の活用で、研修中や就農後のサポートをします。地域との橋渡しをはじめ技術指導などの農業者を「里親農家」として登録しています。
【お問合せ先】佐渡市役所産業観光部農業政策課農業企画係
 TEL:0259-63-5117
 FAX:0259-63-5127
 E-mail:u-nouki@city.sado.lg.jp
住居サポートの説明
○就農時は、市と連携し空き家情報等を提供します(集落内の空き家を紹介できます)。
○市には空き家バンク制度があります。
【お問合せ先】
 佐渡市役所産業観光部地域振興課
 TEL:0259-63-4152
 E-mail:ki-kikaku@city.sado.niigata.jp
その他譲渡資産
-

研修受入状況

研修生募集状況
募集中
研修制度
相談
研修メニュー
稲・大豆等, 果樹, 加工
研修内容等
「おけさ柿」や「水稲」の栽培や収穫などの研修が中心ですが、あんぽ柿や干柿などの農産加工研修も行います。H31年からはアスパラガスの栽培・収穫作業も可能です。
また、食事や宿泊については研修申込の際に別途御相談ください。
研修時期
相談
研修に係る宿泊
不可
研修時の食事
無し
研修受入要件
2年間程度、蓄えで生活ができる方。地域の慣習や人との関わりが出来る方。普通自動車免許取得者(オートマ限定不可)。
  • 新規就農相談センター
  • にいがた暮らし
  • 新潟県農業会議
  • JAグループ新潟
  • ときいろネット
  • 新潟県農林水産部Facebook